HTML

組立通信 Contents Site

ノンフィクションの本づくり

手を出せない分野の一つに
ノンフィクションの本づくりがある。

お話には「型」がある。
主役がいて脇役がいて、数々の敵や試練があり、「葛藤」する。
艱難辛苦を乗り越えていつしか成長していく主役、
というのがだいたい基本の「型」となる。
乗り越えるべき敵や試練が
不況や病気や災害や死…なら、書ける。
でも「人」の場合は難しい。
実在する〇〇さんを敵として書くのだから。

どんな人だって悪い顔も持っているし、
何にフォーカスするかで、悪役と主役は入れ替わる。
実社会には「変な人」や「嫌な奴」はいても、
「悪い人」や「ひどい奴」って、そういない。
黒い社会に属しているなら別だけれど
「見るからに悪人」もそういない。

ただ、人は自分で思っているほど
いい人ではない場合が多い。
その「いい人ではない」一面を
あぶりだして書くのだ。
いきなり誰かの脇役にされて
「名誉棄損」と憤ることもあるだろう。
人は、他人が思っている以上に
自分には値打ちがあると思っているから。

ドキュメンタリーやノンフィクションを手掛けている、
優秀なジャーナリストや作家さんには
「人生をかけて書いている」覚悟、
伝える覚悟というのがある(あってほしい!)。
生身の人間を取材して、見て感じたことを構成して、
多数の人に読まれる「本にする」という行為の怖さを
実感した瞬間、書くことが怖くなった。
仕事の場合、発注者があるので、ハンドリングもできない。

取材した人を「敵」として
世に出す勇気はとてもなく、
毒を抜いてしまった。
でも、敵が登場しないお話なんて、成りたたない。
小学生が夏休みに書かされる、何も起こらない日の日記みたいに。

ノンフィクションを得意とする所は他に沢山ある。
組立通信は別の分野で、
あたたかいコンテンツを手掛けよう、
心を込めて作って、世に送りだそう、と思い至った。

ところでアニメの番組には、主役と仲間たちが
超悪役の敵と激しい戦いを繰り広げて
成長していく話が多い。
偶然観てはまったのが、
テレビアニメ「はたらく細胞」
(原作/講談社「月刊少年シリウス」連載、清水茜さん著)

舞台は人の体内、主役は酸素を運ぶ赤血球の新人女子。
「白血球さん」や仲間の細胞たちに助けられながら
細菌や花粉、ウィルスなど「徹底的に悪役」の
強敵と戦うはめになる。
このお話、本当によくできている。
子供のころに観ていたら
別の道に進んでいたかも…

思いっきり楽しんで演じている声優さんたちの
仕事っぷりもバシバシ伝わってきて、
毎回気持ちよく観ていた。
敵を書くなら、こんな敵がいい。


※(文/ 真柴 マキ)